○本川中学校寄宿舎臨時指導員設置要綱

平成16年10月1日

教育委員会訓令第5号

(目的)

第1条 この訓令は、いの町立本川中学校寄宿舎管理運営規則(平成16年いの町教育委員会規則第14号)第6条の規定に基づく職員のうち、臨時的に任用する指導員(以下「指導員」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 臨時的に任用する指導員は、教員の資格を有している者又は教育委員会が認めた者とし、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第22条第5項の規定により任用した常勤の職員をいう。

(任用期限)

第3条 指導員の任用期間は、6月を超えない期間(必要がある場合は、更に6月を超えない期間で更新することができる。)とする。

(業務)

第4条 指導員の業務は、次のとおりとする。

(1) 生徒の教育に関する業務及び寄宿舎における生徒の指導に関する業務。

(2) その他学校長及び教育委員会の指定する業務

(服務)

第5条 指導員の服務は、いの町職員服務規程(平成16年いの町訓令第1号)に準じる。ただし、勤務時間については、別に定める。

(給料及び費用弁償)

第6条 指導員の給料並びに費用弁償は、次のとおりとする。

(1) 給料は、予算の範囲内で支給する。

(2) 6月及び12月には、一般職の職員の期末手当に準ずる手当を支給する。

(3) 一般職の職員の時間外手当及び特殊勤務手当に準ずる手当を支給する。

(4) 指導員が、その業務のため(業務の研修等を含む。)旅行する場合の費用弁償は、一般職の職員の例による旅費を支給する。

(給料等の支給方法)

第7条 給料等の支給方法は、一般職の職員の支給方法に準じて支給する。

(災害補償)

第8条 指導員の公務災害の補償は、一般職の職員に準じ教育委員会が定める。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会がこれを定める。

附 則

この訓令は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成20年5月20日教委訓令第1号)

この訓令は、告示の日から施行する。

本川中学校寄宿舎臨時指導員設置要綱

平成16年10月1日 教育委員会訓令第5号

(平成20年5月20日施行)

体系情報
第8編 教育、文化
沿革情報
平成16年10月1日 教育委員会訓令第5号
平成20年5月20日 教育委員会訓令第1号