○いの町猫の不妊又は去勢手術事業補助金交付要綱

平成28年4月1日

告示第24号

(目的)

第1条 この告示は、不妊又は去勢手術(以下「手術」という。)をした猫の飼い主若しくは飼い主のいない猫を飼養管理する者に対して、町がその費用の一部を助成することにより、動物の保護及び管理についての理解を深め、公衆衛生の向上及び日常生活の安全を図ることを目的とする。

(補助金の交付)

第2条 次条に該当する猫の飼い主若しくは飼い主のいない猫を飼養管理する者に対して、予算の範囲内で補助金を交付する。

(補助対象となる猫)

第3条 この告示において、補助対象となる猫は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 飼い猫 その所有者が町内に住所を有し、町内において飼育している猫のことをいう。

(2) 飼い主のいない猫 町内で生息する飼い主のいない猫のことをいう。

(補助申請書の提出)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、補助金交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(交付の決定及び通知)

第5条 町長は、前条の申請が適当であると認めたときは、補助金の交付の決定をし、速やかに当該申請者に補助金交付決定書(様式第2号)により通知するものとする。

2 前項の規定により補助金の交付決定を受けた補助対象者(以下「補助決定者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 補助決定者の所有する猫については、首輪・迷子札・マイクロチップなどにより飼い主を明示するとともに、近隣住民に迷惑をかけないように努め、終生にわたり適正に飼養すること。

(2) 補助決定者が申請する飼い主のいない猫については、手術時に耳にV字カットなど、手術済みの明示となる措置を施すとともに、適正な飼養管理に努めること。

(3) 猫の手術補助金交付決定書の決定日の翌日から起算して2箇月以内又は当該年度の3月20日のいずれか早い日までに事業を完了すること。

(中止承認申請書)

第6条 前条の規定により、補助決定者は、当該補助金交付決定通知を受けた後、補助事業を中止しようとするときは、補助事業中止承認申請書(様式第3号)を町長に提出し、その承認を受けなければならない。

(実績報告書)

第7条 補助決定者は、補助金に係る事業完了後1箇月以内又は当該年度の3月20日のいずれか早い日までに、実績報告書(様式第4号)に必要書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(獣医師の責務)

第8条 獣医師は、第5条に規定する交付決定通知を確認のうえ、手術を実施するものとする。ただし、手術が適当でないと判断したときは、その理由を飼い主に明確に説明するものとする。

2 当該手術に当たり、手術上及びこれに関連して生じた問題については、手術を実施した獣医師及び獣医師会が責任を持って処理するものとする。

(補助金の請求及び支払)

第9条 町長は、第7条の規定により提出された実績報告書を審査し、補助金の交付を決定したときの条件に適合すると認められるときは、補助金交付請求書(様式第5号)による補助決定者の請求に基づき、補助金を交付する。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、この補助金の交付に必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月2日告示第50号)

この告示は、平成30年4月2日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

いの町猫の不妊又は去勢手術事業補助金交付要綱

平成28年4月1日 告示第24号

(平成30年4月2日施行)