○いの町ふるさと納税寄附要綱

平成20年8月14日

告示第59号

(趣旨)

第1条 この告示は、いの町の発展を願う個人から広く寄附を募り、当該寄附金を「水」「山」の環境を守り育てる事業、子どもたちを守り育てる事業及び元気いっぱいのいの町をつくる事業(分野を限定しない町政全般に対する寄附)に活用するために必要な事項を定めるものとする。

(寄附金の申出)

第2条 町に対しふるさと納税に係る寄附金(以下「寄附金」という。)の申出をしようとする者(以下「寄附申出者」という。)は、寄附申出書(様式第1号)を町長に提出するものとする。ただし、インターネットを経由して専用申込みフォームにより申出をしようとする場合は、この限りではない。

2 記念品は、次の各号に掲げる事項とし、町の地域振興につながる特産品であることとする。

(1) 町から贈呈する記念品としてふさわしいと認められる農林水産物、加工品、工芸品、利用券であり、かつ換金性がないものであること。

(2) 町民が生産者若しくは事業主であるもの、又は町内に事業所(本店・支店等は問わない)があること。

(3) 農林水産物にあっては、町内で生産又は加工されているものであること。

(4) 加工品及び工芸品にあっては、加工若しくは製造が町内で行われているもの又は原材料が町内で生産されているものであること。

(5) 利用券にあっては、町内で利用できるものであること。

(6) 安定的な供給が可能なものであること。

(7) 前6号に掲げるもののほか、町長が認めるもの。

(寄附金の受入)

第3条 寄附金の受入方法は、納付書による収納、口座振込による受入れ又は現金書留による受入れによることを原則とする。

2 町長は、申出又は受け入れた寄附金が公序良俗に反するものと思われる場合は、申出を拒否し、又は受け入れた寄附金を返還することができる。

(受入後の手続)

第4条 寄附金の受入れが行われたときには、ふるさと納税申出者一覧表(様式第2号)に登載後、速やかに寄附金受領証明書(様式第3号)を送付するものとする。

(記念品の贈呈)

第5条 町長は、寄附者に対し記念品を贈呈し謝意を表するものとする。

(事務の所管)

第6条 寄附金受入れに係る事務は、総務課において行うものとする。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この告示は、平成20年8月14日から施行し、平成20年6月2日から適用する。

附 則(平成25年12月9日告示第123号)

この告示は、平成25年12月9日から施行する。

附 則(平成26年11月13日告示第110号)

この告示は、平成26年11月13日から施行する。

附 則(平成27年4月1日告示第26号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年8月31日告示第99号)

この告示は、平成28年8月31日から施行する。

画像

画像

画像

いの町ふるさと納税寄附要綱

平成20年8月14日 告示第59号

(平成28年8月31日施行)

体系情報
第4編 行政通則
沿革情報
平成20年8月14日 告示第59号
平成25年12月9日 告示第123号
平成26年11月13日 告示第110号
平成27年4月1日 告示第26号
平成28年8月31日 告示第99号