○木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成16年10月1日

規則第119号

(管理者の義務)

第2条 管理者は、施設に管理人その他必要な職員を置く。

2 管理人は、施設の管理及び運営その他必要な事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 その他の職員は、上司の命を受け、施設内の事務又は業務に従事する。

4 職員は、常に施設の職員として自覚に徹し、施設設置の目的達成に努めなければならない。

(職員等の守るべき事項)

第3条 職員及び施設内に職場を有する者(以下「職員等」という。)は、常に施設内の安全の確保と秩序の維持に努めなければならない。

2 職員等は、常に施設の清潔の保持に努めるとともに、施設に附属する設備及び備品等(以下「設備等」という。)を良好な状態において利用しなければならない。

3 施設及び設備等の利用において、損傷又は滅失の状態を発見したときは、速やかに管理者を通じて町長に報告しなければならない。

4 職員等が退場しようとするときは、各室の窓及び出入口を施錠し、鍵の保管を厳格にしなければならない。

(利用の手続)

第4条 施設等を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、木の根ふれあいの森使用許可申請書(様式第1号)を管理人又は職員に提出しなければならない。

(利用の許可)

第5条 管理者は、前条の規定による申請があった場合において、その利用を許可するときは、利用者に対し木の根ふれあいの森利用許可書(様式第2号)を交付しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合であって、必要があると認めたときは、条例第8条の規定により使用料の全額又は一部を減額し、又は免除することができる。

(1) 町が直接その用に供するとき。

(2) 毎年度、7月初日から9月末日までの期間(以下「繁忙期」という。)を除く期間において、1ヶ月間の利用者の数が繁忙期より極めて少なくなると考えられる場合、その月又はその他任意に定めた期間

(3) 前号の場合、管理者は、使用料の2割以内の金額を割り引くことができるものとする。

(4) 施設利用者が、バンガローA及びCにおいては4人以上、バンガローBにおいては、7人以上の利用人数である場合、別表に定める使用料に消費税法(昭和63年法律第108号)に定める消費税の税率を乗じて得た額及び地方税法(昭和25年法律第226号)に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加算した額(その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)を適用するものとする。

(5) その他町長が必要と認めたとき。

(使用料の還付)

第7条 納付された使用料等は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合には、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 管理者の都合によって利用の許可を取り消したとき。

(2) 火災、その他不可抗力によって施設を利用することができなくなったとき。

(火災の予防措置)

第8条 職員等は、火気の取扱いに注意し、火災の予防に努めなければならない。

2 職員等は、退場しようとするとき又は利用者が退場した後は、施設及び設備等を十分に点検し、発火の恐れがないように十分に火気の始末をしなければならない。

(遵守事項)

第9条 利用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設又は備品等を損傷し、又は汚損するおそれがある行為をしないこと。

(2) みだりに火気を使用し、又は危険を起こすおそれのある行為をしないこと。

(3) 他の利用者の迷惑となる行為をしないこと。

(4) 許可を受けないで、飲食物その他の物品を販売し、又は陳列しないこと。

(5) 許可を受けないで、附属設備又は備品等を施設外に持ち出さないこと。

(6) 許可を受けないで、公告物を提示し、又は配布しないこと。

(7) その他管理者の管理上必要な指示に従うこと。

2 職員等は、前項の規定に違反した行為を発見した場合は、直ちに管理人に報告して取締りに当たらなければならない。

(利用の制限)

第10条 管理人は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、利用を拒み、又は退場を命ずることができる。

(1) 善良な風俗を乱すと認められるもの及び危害を加え、又は迷惑になる行為をする者若しくはしようとする者

(2) 正当な理由がなく、銃砲、刀剣の類及び爆発物その他の危険物を所持している者

(3) 騒いで、社会の秩序を乱したり、威力や勢力を示す行為をする者

(4) 前条第1項各号のいずれかに違反した者

(5) 職員等の指示に従わない者

(委任)

第11条 施設の管理運営に関して、この規則に定めのない事項については、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例施行規則(平成15年本川村規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年9月30日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年5月17日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年4月1日規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則は、平成26年度以後の事業年度に係る会計事務の処理について適用し、平成25年度以前の事業年度に係る会計事務の処理については、従前の例による。

別表(第6条関係)

区分

利用料

冷暖房費

備考

バンガローA 定員4人

4人の場合 15,000(円/棟)


3歳未満無料

4人を超える場合 15,000(円/棟)プラス1人当たり 2,000円加算

バンガローB 定員8人

7~8人の場合 30,000(円/棟)


3歳未満無料

8人を超える場合 30,000(円/棟)プラス1人当たり 2,000円加算

バンガローC 定員4人

(バリアフリー)

4人の場合 15,000(円/棟)


3歳未満無料

4人を超える場合 15,000(円/棟)プラス1人当たり 2,000円加算

バンガローA、C

(昼間利用)

4人の場合 12,000(円/棟)


3歳未満無料

4人を超える場合 12,000(円/棟)プラス1人当たり 2,000円加算

バンガローB

(昼間利用)

7~8人の場合 24,000(円/棟)


3歳未満無料

8人を超える場合 24,000(円/棟)プラス1人当たり 2,000円加算

様式 略

木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成16年10月1日 規則第119号

(平成26年4月1日施行)