○木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日

条例第179号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、木の根ふれあいの森施設(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 恵まれた自然環境の中で、家族や自然愛好者のグループが天然の森を満喫できる緑の空間を確保し、自然林の学習や健康の増進を図るとともに、観光の振興に資することを目的として、施設を次のとおり設置する。

区分

位置

研修館(管理棟、喫茶コーナーを含む。)

いの町戸中171番地

バンガロー 5棟

キャンプサイト 8区画

便所・シャワー棟 1棟

炊飯棟(屋外調理施設) 1棟

給水施設 1式

合併浄化槽(45人槽) 1式

(管理)

第3条 施設は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

(利用の許可)

第4条 施設を利用しようとする者(入場を含まない。以下同じ。)はあらかじめ町長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

(利用の不許可)

第5条 町長は、次の各号に該当する場合は、施設の利用を許可しないことがある。

(1) 公の秩序に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設の管理上支障があると認められるとき。

(3) その他町長が必要と認めるとき。

2 町長は、施設の管理上必要があると認めるときは、前条の許可に条件を付すことができる。

(利用許可の取消し等)

第6条 町長は、利用若しくは利用許可を受けた者が次の各号のいずれかに該当する場合は、利用を停止させ若しくは利用の許可を取り消し、又は退場を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) 利用目的以外に利用したとき。

(4) 利用又は利用する権利を譲渡し、又は転貸したとき。

(5) その他町長が特に必要と認めたとき。

(使用料)

第7条 利用者は、別表に定める使用料に消費税法(昭和63年法律第108号)に定める消費税の税率を乗じて得た額及び地方税法(昭和25年法律第226号)に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加算した額(その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)を使用料として納付しなければならない。

2 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、利用者の責によらない事由又はやむを得ない事故により利用することができなくなった場合は、この限りでない。

(使用料の減免)

第8条 町長は、次の各号に掲げる場合においては、使用料を減免することができる。

(1) 減免することにより、結果として施設の効用を高めることが見込まれる場合

(2) その他町長が特に認めた場合

(損害賠償)

第9条 利用者は、施設又は附属する設備若しくは備品等を損傷し、又は滅失したときは、これを修理し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむ得ない理由があると認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例(平成15年本川村条例第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年9月26日条例第42号)

この条例は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成20年9月22日条例第28号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年9月21日条例第36号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月22日条例第11号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月27日条例第52号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

単位

基本使用料

追加使用料

研修館

1棟

6,000円

1,500円

バンガローA(4人用)

1棟1人

5,000円


バンガローB(8人用)

1棟1人

5,000円


バンガローC(4人用)

1棟1人

5,000円


バンガローA、B、C(昼間利用)

1棟1人

3,000円


キャンプサイト

1区画

1,500円

電気使用料

1,000円

備考

1 研修館の使用可能時間は、午前9時~午後5時までの間とする。

2 バンガローの基本使用時間は、昼間(午前10時~午後4時)、宿泊(午後4時~翌日の午前10時)とする。

3 キャンプサイトの使用時間は、昼間(午前9時~午後5時)、宿泊(午後3時~翌日の午後1時)とする。

4 研修館の基本使用料は、使用時間が4時間までの額とする。

5 追加使用料は、1時間毎に加算し、1時間未満の端数は、切り上げて計算する。

6 冷暖房を使用する場合は、人数にかかわらず基本使用料欄の額及び追加使用料の20%相当額を加算する。

7 バンガロー使用料は、3歳未満については無料とする。

8 1~7にかかわらず、町長が必要と認めた場合は、この限りでない。

木の根ふれあいの森施設の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日 条例第179号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第11編 産業経済
沿革情報
平成16年10月1日 条例第179号
平成17年9月26日 条例第42号
平成20年9月22日 条例第28号
平成22年9月21日 条例第36号
平成23年3月22日 条例第11号
平成25年12月27日 条例第52号