○いの町保育所処務規程

平成16年10月1日

訓令第32号

(趣旨)

第1条 この訓令は、保育所における処務について必要な事項を定めるものとする。

(職員等)

第2条 保育所に必要に応じて次の職員を置くことができる。

(1) 園長 町長の命を受け、園務を処理し、施設を管理し、所属職員を指揮監督する。

(2) 主任保育士 園長を補佐し、所属職員を指揮監督する。

(3) 保育士 園長及び主任保育士の指揮監督のもとに、園児の保育に従事する。

(4) 調理員 園長及び主任保育士の指揮監督のもとに、園児の給食の調理に従事する。

2 保育所に次の者を置く。

(1) 保育園園医

(2) 保育園歯科医

(3) 保育園管理医

(4) その他町長が必要と認める者

(報告)

第3条 園長は、園において取り扱った事項を、月ごとに取りまとめて、翌月の7日までに町長に報告しなければならない。

2 園長は、園において取り扱った事項のうち、重要又は異例に属するものについては、速やかに町長に報告しなければならない。

(服務)

第4条 保育所の職員の服務に関しては、この訓令に定めるもののほか、いの町職員服務規程(平成16年いの町訓令第1号)の規定を適用する。

(その他)

第5条 この訓令に定めるもののほか、保育所の処務に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年10月1日から施行する。

いの町保育所処務規程

平成16年10月1日 訓令第32号

(平成16年10月1日施行)

体系情報
第9編
沿革情報
平成16年10月1日 訓令第32号