○本川神楽研修館の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日

条例第108号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により本川神楽研修館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 伝統芸能である本川神楽に愛着を感ずる者を対象として、技術の向上を図るため、本川神楽研修館(以下「研修館」という。)を次のとおり設置する。

名称

位置

本川神楽研修館

いの町高薮66番地

(施設)

第3条 研修館に設ける施設は、次のとおりとする。

(1) 研修館 1棟

(管理)

第4条 研修館の管理は、教育委員会(以下「管理者」という。)がこれにあたるものとする。

2 管理者は、研修館の管理の一部を本川神楽座長に委託することができる。

(利用の承認)

第5条 研修館を利用しようとする者は、前条の規定により管理を委託された者(以下「管理者」という。)の承認を受けなければならない。

(特別の設置等の制限)

第6条 利用者は、研修館利用のため特別の措置を施し、又は造作を加えようとするときは、管理者の承認を得なければならない。

(利用承認の取消し等)

第7条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、利用の承認を取り消し、利用を制限し、又は退去させることができる。

(1) この条例に違反した者

(2) 法令に違反する行為を行った者

(損害賠償)

第8条 利用者は、その責めに帰すべき事由により、研修館施設、付随する物件をき損し、又は滅失したときは、これを原形に復し、又は管理者の認定する損害額を賠償しなければならない。

(委任)

第9条 この条例の施行について必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の本川村神楽研修館の設置及び管理に関する条例(平成7年本川村条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

本川神楽研修館の設置及び管理に関する条例

平成16年10月1日 条例第108号

(平成16年10月1日施行)