○いの町教育支援センター「のぞみ教室」の設置及び管理運営に関する規則

平成16年10月1日

教育委員会規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、いの町複合福祉施設ウェルネス伊野の設置及び管理に関する条例(平成16年いの町条例第121号)第3条第1項第1号の事業を実施するため、いの町教育支援センター「のぞみ教室」(以下「教室」という。)の設置及び管理運営に関する事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 教室を次のとおり設置する。

名称

位置

いの町教育支援センター「のぞみ教室」

いの町6032番地3

(運営委員会)

第3条 教室の運営について必要な事項を協議するため、運営委員会を設置する。

2 運営委員会は、いの町教育委員会(以下「委員会」という。)が委嘱又は任命する委員で構成する。

3 運営委員会委員の定数は、27人以内とする。

4 運営委員会委員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げないものとし、また補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 運営委員会に委員長及び副委員長を置き、委員のうちから互選により選任する。

6 委員長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

7 運営委員会の会議は、必要に応じ委員長が招集し、委員長が議長となる。

(支援内容)

第4条 教室の支援内容は、次のとおりとする。

(1) 不登校の児童・生徒及び保護者に対するカウンセリング

(2) 各教科(領域)の学習、自然体験学習、スポーツ活動、集団生活学習、作業・学習、創作学習等

(3) 学校(児童・生徒含む)・家庭に対する支援、連携、相談、調整に関すること。

(4) その他運営委員会が必要と認める事項

(職員)

第5条 教室に次の職員を置くものとする。ただし、委員会が認めるときは、置かないことができる。

(1) 室長

(2) 教育相談員

(3) 専任指導員

(4) その他の職員

(職務)

第6条 室長は、教育委員会の監督のもとに室務を統括する。

2 教育相談員は、第4条第1号に規定する支援内容を行うこととし、また、室長を補佐し、室長に事故があるときは、室長の命を受け、その職務を代理する。

3 専任指導員は、第4条第2号に規定する支援内容を行う。

4 スクールソーシャルワーカーは、第4条第3号に規定する支援内容を行う。

5 その他の職員は、室長の命を受け室務に従事する。

(入室の資格及び手続)

第7条 いの町内の小・中学校に在籍する児童・生徒で、在籍の学校の学校長(以下「学校長」という。)に所定の入室願書を提出し、当該学校長及び教育長の承認を受けるものとする。

2 学校長は、入室が認められた児童・生徒(以下「対象児童・生徒」という。)の通室日を指導要録において出席扱いとすることができる。

(援助及び安全管理)

第8条 学校長は、教室との連絡を密にし、対象児童・生徒の社会的な自立ができる力を持つよう援助する。

2 職員は、対象児童・生徒の通室について、家庭との連絡を密にし、保護者の責任の下、十分安全管理に意を用いるよう指導する。

(報告)

第9条 専任指導員は、対象児童・生徒の通室日、学習状況等について毎月末に学校長に報告するものとする。

(経費の負担)

第10条 教室において児童生徒の使用する消耗品等の経費については、保護者の負担とする。

(庶務等)

第11条 教室に係る庶務は、委員会事務局及び専任指導員が行うものとする。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日教委規則第2号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日教委規則第2号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

いの町教育支援センター「のぞみ教室」の設置及び管理運営に関する規則

平成16年10月1日 教育委員会規則第19号

(平成28年4月1日施行)